So-net無料ブログ作成
検索選択

うるう秒 電波時計 [メディアとニュース]

うるう秒 電波時計

7月1日は「うるう秒」を入れる日なんですね。
電子時計に基づく、世界共通の標準時のことって知ってました?
数年に一度、「うるう秒」を入れて、自転とのズレを解消しているそうです。
と、説明されても、理解出来る人いるんでしょうけど・・・
ボクには無理。

今日の午前8時59分59秒と午前9時0分0秒との間に、
「午前8時59分60秒」と、「うるう秒」を挿入した。
???分かるようで分らない?
要するに、24時間に1秒追加したのです。

自転との関係から、その時刻なんでしょうね。

時差が生じる原因って、地球が丸くそして自転しているから。
さらに、難しくなりそうで、説明できません。



えっ、「うるう秒」の時報は、音が二度鳴るそうです。
その時間は、外出中でした。
聞いた人は何人いるのかな〜。「ポーン!ポーン!」と。
べつに「ポーン!」音に限らないと思いますけど。

「うるう秒」の1回目って、知ってます?
1972年なんですよ。その後、24回実施とか。
以外に、新しいことなんですね。

「うるう秒」で思い出しました。
1972年は、冬季オリンピックがありました。
さて、どこの国で行われたでしょう。
答えは、日本です。場所は札幌市。
オリンピックは「うるう年」に開催でしたね。
夏季はどこだったでしょう。
ドイツです。
なんか、突然クイズになってしまった・・・

「うるう秒」の計測する電波時計は、
どこのメーカーなんでしょうね?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

NZドル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。