So-net無料ブログ作成

おじさん図鑑 内容 [メディアとニュース]

おじさん図鑑 内容

「おじさん図鑑」のおじさんは、どういう内容?の人なんでしょうね。

イラストレーターの「なかむらるみ」さんのイラストに引き込まれます。
「おじさん図鑑」のイラストが内容を告知している?
「なかむらるみ」さんは、
学生の頃からおじさんの持つ存在感に興味を持ったそうです。

おじさんの存在感を、充分にイラストに表現されている。



「おじさん図鑑」の中身の画像をネットで見るだけでも、
面白そうな図鑑だと感じるでしょう。
面白い?おじさんを紹介した「おじさん図鑑」でもある。

イラストを見たら、おじさんに限らず、女性だって買って見たくなりそうです。
子供が見たら、おとうさんは、このおじさんだ〜〜!叫ぶかもしれない。
おとうさんは複雑な気持ちになっているかもしれない。
奥さんは、この様なおじさんになってしまったのか・・・・悲しんでいる?

「おじさん図鑑」中高年世代から人気があったそうです。
おじさんが「おじさん図鑑」を購入する方が、
予想以上に多かったのでしょうか。

おじさんは、「おじさん図鑑」レジに持っていく。
どのような目的などで、購入したのだろうか。

おじさんは、抵抗なく「おじさん図鑑」を求めたのかな?
恥ずかしいから、奥さんや子供に頼んで買ってもらったかも。

「おじさん図鑑」と「エロ本」のどっちが、購入しやすいだろう。

「おじさん図鑑」が出来上がるまで簡単でなかったそうです。
イラストレーターの「なかむらるみ」さんが、
約5年の歳月をかけて街のおじさんたちを毎日撮影して、
データを集めたのです。
すっごい、写真の量だったでしょうね。

「なかむらるみ」さんの美大の同級生で小学館の図書編集部である
小林由佳さんの協力を得る。
おじさんの写真を図書と同じように特徴別に整理・分類した。

ところが、そんな?おじさんの図鑑が、企画会議に通るはずはなかった。
そうですよね。常識的?考えても、おじさんの図鑑が売れるはずないですよね。

おじさんを応援する異色の題材だったが、
「石の上にも三年」のことわざの通り、3年かけて出版された。

「おじさん図鑑」の販売戦略がうまくいったのです。
帯のコピーに、「若者に向けたおじさん図鑑」と、キャッチフレーズを入れた。
中高年に受けた!!
現在は、20代から50代以上まで偏りなく売れているそうです。

おじさんは、「おじさん図鑑」を読んで、
研究をしているのですよ。
「若者たちよ、自信を持ちなさい」と言うメッセージも含まれているかもしれない。

おじさん図鑑シールも人気ですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

NZドル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。