So-net無料ブログ作成

おじさん図鑑 内容 [メディアとニュース]

おじさん図鑑 内容

「おじさん図鑑」のおじさんは、どういう内容?の人なんでしょうね。

イラストレーターの「なかむらるみ」さんのイラストに引き込まれます。
「おじさん図鑑」のイラストが内容を告知している?
「なかむらるみ」さんは、
学生の頃からおじさんの持つ存在感に興味を持ったそうです。

おじさんの存在感を、充分にイラストに表現されている。



「おじさん図鑑」の中身の画像をネットで見るだけでも、
面白そうな図鑑だと感じるでしょう。
面白い?おじさんを紹介した「おじさん図鑑」でもある。

イラストを見たら、おじさんに限らず、女性だって買って見たくなりそうです。
子供が見たら、おとうさんは、このおじさんだ〜〜!叫ぶかもしれない。
おとうさんは複雑な気持ちになっているかもしれない。
奥さんは、この様なおじさんになってしまったのか・・・・悲しんでいる?

「おじさん図鑑」中高年世代から人気があったそうです。
おじさんが「おじさん図鑑」を購入する方が、
予想以上に多かったのでしょうか。

おじさんは、「おじさん図鑑」レジに持っていく。
どのような目的などで、購入したのだろうか。

おじさんは、抵抗なく「おじさん図鑑」を求めたのかな?
恥ずかしいから、奥さんや子供に頼んで買ってもらったかも。

「おじさん図鑑」と「エロ本」のどっちが、購入しやすいだろう。

「おじさん図鑑」が出来上がるまで簡単でなかったそうです。
イラストレーターの「なかむらるみ」さんが、
約5年の歳月をかけて街のおじさんたちを毎日撮影して、
データを集めたのです。
すっごい、写真の量だったでしょうね。

「なかむらるみ」さんの美大の同級生で小学館の図書編集部である
小林由佳さんの協力を得る。
おじさんの写真を図書と同じように特徴別に整理・分類した。

ところが、そんな?おじさんの図鑑が、企画会議に通るはずはなかった。
そうですよね。常識的?考えても、おじさんの図鑑が売れるはずないですよね。

おじさんを応援する異色の題材だったが、
「石の上にも三年」のことわざの通り、3年かけて出版された。

「おじさん図鑑」の販売戦略がうまくいったのです。
帯のコピーに、「若者に向けたおじさん図鑑」と、キャッチフレーズを入れた。
中高年に受けた!!
現在は、20代から50代以上まで偏りなく売れているそうです。

おじさんは、「おじさん図鑑」を読んで、
研究をしているのですよ。
「若者たちよ、自信を持ちなさい」と言うメッセージも含まれているかもしれない。

おじさん図鑑シールも人気ですね。

踊る大捜査線4 ネタバレ [エンターテインメント]

踊る大捜査線4 ネタバレ

ついに、「踊る大捜査線4」が完結となる。
主演の織田裕二は、
「前作までとは全然違います。終わりですから。
このコートを着ること、ないですし」と、コメントしてましたね。


青島俊作刑事は、どうなるのだろう・・・・

コートはどうなるのかな?
ヤフオクなんかに出したら、面白そう。

踊る大捜査線4の最大のネタバレは、
警察をクビになり、一般人に戻ることになるのですね。

青島俊作刑事は、警察手帳・手錠・拳銃を取り上げられるのです。

青島俊作刑事は、どういう理由でクビになる事件?を起こしたのでしょうね。

不思議ですね?
映画の公開前に、ネタバレとか誰々がどうなるとか・・・・・
何も、「踊る大捜査線4」に限りません。

ネタバレにもルール?というものが存在している思うのですよ。
特に、主演者が語るべき話ではないでしょう。

映画関係者は、その事を許可しているのでしょうか。

映画で公開まで、クライマックス的なところは、
霞のように秘密のベールで包み込んで、
開いたところを、観客に堪能してもらうと思うのですけど。

書いているボクは、矛盾してます。

多分、複雑に絡んだストーリなんでしょうね。

それとも、今の時代、ネタバレがあったほうが、
映画の集客動員に効果があるのだろうか。
ひょっとしたら、そのようなデータがあるのかな?

ボクの勘違いか?

映画の公開前には、
それなりに作品の大まかなストーリーは紹介されていたよね。
出演者が説明?する舞台がない時代から・・・・

パンフレット・雑誌とかに、
それなりに、ストーリーの流れを知っていた。

文庫本などの「解説」の様なものかな・・・・

試写会を見た人が「踊る大捜査線4」内容を話していないでしょうね。

水野美紀さんが、芸能界から離れていたそうですね。
踊る大捜査線4のキャストとして、真下雪乃として登場します。

「踊る大捜査線4」の前売り券は、なんでもヤフオクに多数でているそうです。
また、「踊る大捜査線4」の前売り券を買うと、
先着で同シリーズの過去作品の名場面シーンのポストカードが付いてくるそうですよ。

完結編「踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望」公開間近!!

トップガン2 映画 [メディアとニュース]

トップガン2 映画

トニースコット監督が飛び降り自殺のニュースが飛び込んできた!

カリフォルニア州ロサンゼルスのビンセント・トーマス橋から飛び降りて、
亡くなったと報じられてます。

遺書が発見されているようです。
トニースコット監督は68歳でした。

警察は、トニースコット監督のオフィスから、
遺書を発見した。

詳細は、これから発表されるでしょう。

トニースコット監督は、「トップガン」の続編を準備中だったようですね。
「トップガン2」に、なる予定だったのか?

「トップガン」は、1986年の作品です。
主演のトム・クルーズを起用して大ヒットしました。
トニースコット監督は、「トップガン」により、一躍人気の監督の仲間入りした。

その後、トニースコット監督は、アクション映画を数々制作してきました。
アクションばかりでなく、サスペンスにもその手腕を発揮したのです。

サスペンス?の「エイリアン」の監督は、
トニースコット監督のお兄さんのリドリー・スコット監督です。

兄弟で制作した映画も話題になっていたのです。

「トップガン」の続編の続編「「トップガン2」は、
鑑賞できなくなった。

日本では、3・11の一般の方が撮影した映像を世界中から募集して、
ドキュメンタリー映画を制作することを、
フジテレビが2012年2月28日に発表してましたね。

その制作には、トニー・スコット/リドリー・スコットの
兄弟監督が参加してます。

タイトルは、「Japan in a Day」です。
今秋から日本など世界で劇場公開をする予定になってます。

トニースコット監督の遺書の公開で何が発見されるでしょうか?

トニースコット監督のご冥福をお祈り申し上げます。

尖閣諸島 所有者 栗原家とは [メディアとニュース]

尖閣諸島 所有者 栗原家とは

尖閣諸島(せんかく諸島)の所有者は、栗原国起さんという方です。
民間人で、実業家だという噂です。

日本に住んでいらっしゃるのですか?

何をしているのでしょう。
尖閣諸島の領有権を主張する反日デモが拡大してますね。

領有権とは?
う〜ん、国家間の問題なのでしょう。
そうなると、所有権は、どうなるのでしょうね。
分らない・・・・

尖閣諸島の税金は、所有者の栗原さんが払っているのですよね。

どれくらを日本に納めているのでしょう。


大きな地図で見る


尖閣諸島には、昔、人が住んでいたそうですね。

尖閣諸島を開拓したのは、
実業家の古賀辰四郎さん。
何年ごろなんでしょうね。明治の頃のようですね。
沖縄にも進出してます。
さすが、実業家のエネルギーですか。
今では、想像できないです。
昔の人は、すざましいパワーと未知への開拓精神を持っていたことでしょう。

日本に限らないでしょうけど、
国家もそのエネルギーを持ち合わせた人物に、開拓を任せたのかもしれない。
国家が出来ないことだったのかも・・・・

尖閣諸島問題は、一筋縄では解決できない様子ですね。
どうなるのかな・・・・・

いろんな糸が、絡みあって、どうすること出来ない状態ですか・・・・

尖閣諸島に、日本人も上陸したのですね。
尖閣諸島の魚釣島です。

彼らも、処罰受けずに釈放されるでしょう。

尖閣諸島・魚釣島ですから、
魚が豊富な島なのかな?
魚釣りの旅行パックがあると楽しめそうですね。

まあ、尖閣諸島は上陸が出来ません。
許可が必要ですので。

青ヶ島 観光 [地域情報]

青ヶ島 観光

観光に青ヶ島を考えている人はマニアックでしょうか?
いいえ、とっても良い考えだと思いますね。
小島でゆっくりと過ごすのは、癒されるのでしょう。

もう終わってしまいましたが、
青ヶ島の牛祭がありました。
どんな、お祭りなんでしょうね。
青ヶ島と牛の関係はなんでしょう。
分かりませんが、なんか楽しい気分になれそうです。

前夜祭には、八丈島のフラチームの皆さんがフラダンスを披露。
牛も、ヨダレを垂らして観戦していたのかな?

太鼓とのコラボレーションで、フラダンスですか。
あうでしょうね。
ハワイでも太鼓のような楽器でリズムをとっていますので。

青ヶ島には、独特の太鼓の伝承があるのでしょうか?
還住太鼓と八丈太鼓のコラボ演奏があったそうですが。

ボク、太鼓の演奏?を、生で聞いた体験がないのです。
小さ〜い時に、ほっけさんの小太鼓?を聞いた記憶は残っていますけど・・・・
でも、あれは、演奏ではないw^^!


大きな地図で見る

で・・・牛祭とは・・・・
青ヶ島は東京都です。八丈島もそうです。
あのあたりの海域の島は、東京都なんですね。

青ヶ島は無番地です。
東京都では一番人口が少ない。
何人いるのでしょうか?

で・・・牛祭とは・・・・青ヶ島サイトは、
http://www.vill.aogashima.tokyo.jp/tourism/

Wikipediaより抜粋します。
青ヶ島は過去に、
●1785年/「天明の別れ」と言われた、大噴火があったのです。
当時327人いた島民202人が八丈島に避難する。
豊かな青ヶ島を夢見て帰島を行なう人がいたが、
噴火で荒廃した土地に生きることは出来ない。
その後、某名主の方により、帰島事業が進められた。
●1824年/還住(全島民帰還)が出来たのです。

某名主の方は、佐々木次郎太夫です。
この方については、分かりません。
昔々にこの様な方がいらしたのです。

青ヶ島の名前は、どういう意味があるでしょう。
青鬼が住んでいた、昔話しみたいなものかなな・・・
NZドル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。